現在の位置

保育所安心・安全度アンケート調査

保育所の安心・安全度を保護者に評価していただく取組です

保護者が安心して子どもを保育所に預けることができ、子どもが楽しく安全に過ごすことができるよう、保育所の安全・安心度を高めるための取組みを行っています。

平成27年度には、国の交付金を活用して安全対策備品の整備や、保護者とのメールによる連絡システムの導入などを行いました。

平成27年度に整備した安全対策備品

平成27年10月に策定した大竹市 まち・ひと・しごと創生総合戦略では、保護者が安心して子ども預けられる環境が確保できているかを評価するため、保護者への保育所の安心・安全度に関するアンケート調査を毎年実施することとしていることから、これまで行ってきたアンケート調査の結果を公表します。

アンケート調査の結果

【回収率】平成27年度:75.4%、平成28年度:81.0%

【対象】市内保育所に入所児童のいる保護者

(端数の関係上,合計が100%にならない場合があります。)

(問)あなたがお子様を預けている保育所に対して、あなたが感じる「安心」や保育所の「安全」の度合いはどの程度ですか。

保育所の安心・安全度

 

平成27年度

平成28年度

とても安心(安全)または安心(安全)

79.9%

84.5%

普通

16.2%

11.3%

やや不安(やや安全面が気になる)または大変不安(安全とはいえない)

3.8%

4.1%

保育所の安全・安心度

(問)今後どのような整備や対策を行えば、あなたの「安心」や保育所の「安全」度はより高まると思いますか。(複数回答可)

保育所の安心・安全度を高めるために必要な取組み

 

平成27年度

平成28年度

室内の安全対策(備品の整備や施設の修繕,保育環境の改善など)

16.3%

15.6%

園庭の安全対策(遊具の更新や改修,危険箇所の改善など)

20.7%

16.1%

不審者への対応などの防犯対策(防犯カメラの設置,訓練の実施など)

28.9%

28.7%

防災対策(災害に対応した施設整備,職員の意識向上,訓練の実施など)

20.7%

20.8%

保育所職員の意識向上や体制づくり(保育スキルの向上や職員の増員など)

12.2%

10.6%

その他

1.2%

8.1%

保育所の安全・安心度を高めるために必要な取組み

保育士と子ども

お問い合わせ先
福祉課児童係
電話番号:(0827)59-2148

更新日:2018年5月18日