現在の位置

皆様のお力で、大竹市の良いまちづくりを応援してください

~広島県大竹市ふるさと応援寄付金~

大竹市の風景

 

大竹市は、広島県の西の玄関に位置する人口約2万8千人の臨海工業都市です。前には世界遺産となっている宮島など多島美にあふれる瀬戸内海が広がり、後ろには美しい山々が連なる自然豊かな風光明媚なまちでもあります。

歴史をたどれば大竹は、山陽道の安芸(広島県側)と周防(山口県側)をつなぐ要所であり、8世紀には遠管駅が置かれました。また、江戸時代に入ると、関ケ原の戦いで活躍した福島正則が亀居城を大竹に築きました。現在も石垣が残り、亀居公園として多くの人に親しまれています。

平成18年に市長に就任して以来、「住みたい、住んで良かったと思えるまち」となるよう、さまざまな施策に取り組んできました。

しかしながら、幸せを感じながら暮らせるまちにするには、まだ多くの課題が残っています。大竹駅の改修や新駅建設、そして雨水対策など、都市基盤の整備を進めていくには財源の問題が立ちはだかります。

現在国の制度において、ふるさと納税制度があります。自己負担分2,000円以外は、限度額まで全額税金控除されるというものです。

大竹市を応援して寄付をいただいた方には、感謝の気持ちを込めた「まちの魅力」をお届けいたします。手続きもインターネットなどで簡単にできます。

寄付は応援しようという思いがあれば、どなたでもできます。

ぜひとも、皆様に「大竹市のまちづくり」の応援をいただくことをお願いいたします。

                            大竹市長 入山 欣郎

大竹市の魅力いっぱい

更新日:2016年9月14日