現在の位置

後期高齢者医療

運営主体

 広島県内すべての市町が加入する広島県後期高齢者医療広域連合が運営主体となり後期高齢者医療の保険料を決めたり、保険給付を行ったりします。

なお、保険料徴収や窓口業務など一部の事務は、市民に身近な大竹市が行います。

後期高齢者医療の対象者

75歳以上の人と一定の障害のある65歳以上の人です。

医療機関にかかるときは

広島県後期高齢者医療広域連合が発行する保険証(被保険者証)を医療機関の窓口に提示してください。

窓口での一部負担金

現役並み所得者は3割、それ以外の人は1割です。

毎年8月1日付けで更新します。

問い合わせ先

  • 資格・給付については 保健医療課 電話(0827)59-2141
  • 保険料賦課については 市民税務課 電話(0827)59-2128
  • 保険料納付については 市民税務課 電話(0827)59-2127

制度の内容など、詳しくは下記の広島県後期高齢者医療広域連合ホームページをご覧ください。

広島県後期高齢者医療広域連合ホームページ

広島県後期高齢者医療広域連合 電話(082)502-7822 ファクス(082)502-7844

更新日:2017年3月31日