現在の位置

大竹手すき和紙の里

おおたけ手すき和紙の里

コウゾ100%の原料を使った 和紙づくりを体験

展示や体験会を通して、大竹手すき和紙の特長や魅力が楽く学べる体験学習棟

「すき舟」にコウゾとネリ、水を入れてよくかき混ぜ、「かせ」を前後に揺り動かし、紙をすく

小瀬川の清流に恵まれ、江戸時代から伝えられる手すき和紙の伝統を今なお受け継いでいます。 おおたけ手すき和紙保存会のみなさんが原料のコウゾから育て、鯉のぼり用の紙や、ふすま紙、障子紙などさまざまな和紙をつくっています。丈夫で美しい仕上がりが特徴です。

平成31年4月に体験学習棟がオープンしました。見学、はがき作り体験学習やワークショップなどを開催しています。詳しくは、おおたけ手すき和紙の里ホームページをご覧ください。

おおたけ手すき和紙の里ホームページ(外部リンク)

 

開所日:毎週火曜日、木曜日 10時から12時

    第2、4日曜日 10時から15時

     開所日のうち年末年始(12月25日から1月5日)、

    夏季(8月11日から8月16日)は休所日です。

お問い合わせ

指定管理者 おおたけ手すき和紙保存会
電話(0827)93-3576

更新日:2019年11月3日