「人口ビジョン」及び「まち・ひと・しごと創生総合戦略」

「人口ビジョン」、「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました。

初版(平成27年10月30日公表)

大竹市人口ビジョン(PDF:2.8MB)

大竹市まち・ひと・しごと創生総合戦略(PDF:3.2MB)

第2版(平成28年3月25日公表)

大竹市まち・ひと・しごと創生総合戦略第2版(PDF:1.5MB)

第3版(平成29年3月31日公表)

大竹市まち・ひと・しごと創生総合戦略第3版(PDF:2.9MB)

第4版(平成30年5月8日公表)

大竹市まち・ひと・しごと創生総合戦略第4版(PDF:1.7MB)

概要版

大竹市人口ビジョン【概要版】(PDF:486KB)

大竹市まち・ひと・しごと創生総合戦略【概要版】(PDF:313KB)

策定のポイント

「まち・ひと・しごと創生総合戦略」は「わがまちプラン後期基本計画」と一緒に作業を進めています。

「後期基本計画」と「まち・ひと・しごと創生総合戦略」(PDF:61.2KB)

3つの重点取組方向(視点)を決定しました。

前期基本計画・後期基本計画の10年間を通しての重点取組方向としていた、次の3点を視点として実施する事業や施策を重点施策とします。

3つの視点

 

  1. 推進力としての「大竹を愛する人づくり」
  2. 前提条件としての「行政・社会の仕組みづくり」
  3. まちづくりのテーマとしての「定住促進」

「後期基本計画」の重点取組方向(PDF:76.6KB)

まち・ひと・しごと創生総合戦略(期間:平成31年度まで)

  • 人口減少克服と地方創生を合わせて行うことにより、将来にわたって活力ある日本社会を維持することをめざしている「まち・ひと・しごと創生」の大竹市版総合戦略を平成27年10月に策定しました。
  • 大竹市版総合戦略は、後期基本計画の中に含まれると整理しました。
    そのため、総合戦略の3つの政策の柱は、後期基本計画の重点取組方向の1つ「定住促進」の視点として記載しています。

政策の柱=定住促進の視点

  1. 「安定した雇用の創出」
  2. 「若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえ、居住を実現する」
  3. 「誰もが健康でいきがいをもち、安心して暮らせる地域づくり」

アンケートの実施(平成27年7月)

対象

 20歳代から40歳代の市民 4,000人(うち転入者 1,000人)

転出者300人

高校3年の年齢にある者(市民+大竹高校生)約400人

内容

  • 住みやすさなどに視点を置いた、本市のよいところや悪いところ
  • 希望の進路や就業先、居住地
  • 結婚、出産、子育ての意向
  • 転入や転出の理由やUターンの意向など

結果

アンケート集計結果(PDF:2.4MB)

資料編自由回答(PDF:1.5MB)

お問い合わせ先
企画財政課企画係
電話番号:(0827)59-2125

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。