現在の位置

児童手当について(手当のしくみ・手続きなど)

児童手当について

支給対象

児童手当は、中学校卒業まで(15歳に達した後、最初の3月31日まで)の児童を養育している方に支給します。(所得制限があります。)

 

支給金額

支給金額表
年齢
支給額(月額)
0〜3歳未満
15,000円(一律)
3歳〜小学校修了前

第1・2子 10,000円

第3子以降 15,000円

中学生
10,000円(一律)
所得制限限度額以上の所得がある場合
5,000円(一律)

 

所得制限限度額

所得制限限度額表
扶養親族などの数
所得額
収入額(給与所得者の目安)
0人
622万円
833.3万円
1人
660万円
875.6万円
2人
698万円
917.8万円
3人
736万円
960.0万円
4人
774万円
1,002.1万円
5人
812万円
1,042.1万円

扶養親族などが6人以上の場合は、1人につき38万円を加算(所得額ベース) 。平成29年6月〜平成30年5月分の手当は、平成28年中の所得で判定します。

 

支給月

児童手当は、年3回(2月・6月・10月)、各月前月分までの4カ月分ずつを支給します。支給日については、通知にてお知らせします。
 

請求手続

出生・転入など、申請事由が発生した翌日から15日以内に必ず申請手続きを行ってください。なお、公務員の方は勤務先での申請となります。

これまで子ども手当を受給されていた方は、児童手当を受給するために改めて申請をする必要はありません。

請求に必要なもの

・請求者の印鑑

・マイナンバーカード(個人番号カード) ※請求者および配偶者分が必要です。

  又は、マイナンバー通知カード及び請求者ご本人の身元確認書類(運転免許証等)

・請求者ご本人の保険証の写し

・請求者名義の金融機関の通帳の写し

このほか、必要に応じて提出していただく書類があります。詳しくは福祉課までお問い合わせください。

 

現況届の提出

 所得の状況や、児童の養育状況を確認するため、児童手当を受給している方は、毎年6月に現況届を提出することとなっています。この届の提出がないと、6月分以降の手当てを受けることができませんので、必ず提出してください。

 

その他

  • 児童が海外に住んでいる場合は、手当を受給することができません。ただし、留学の場合は、受給することができる場合があります。
  • 離婚協議中で父母が別居している場合(住民票が別になっている場合)は、児童と同居している方が優先して受給者となります。手続きには、離婚協議中であることが確認できる書類が必要です。
  • 児童が児童養護施設等に入所している場合は、入所している施設の設置者等が受給者となります。施設等を退所した場合には認定請求手続きが必要です。退所から15日以内に福祉課児童係で手続きを行ってください。
  • 父母が海外に居住し、児童が父母の送金により生活をしている場合、父母が指定した児童と同居する方が受給者になることができます。
  • 未成年後見人がいる児童は、未成年後見人が受給者となることができます。


必要に応じて提出いただく書類がありますので、詳しくは福祉課までお問い合わせください。

お問い合わせ先
福祉課児童係
電話番号:(0827)59-2148

更新日:2017年11月10日