現在の位置

高齢者の生活サポート

1.日常生活用具の給付など

内容

(給付)電磁調理器
(貸与)老人用電話

対象者

おおむね65歳以上で、心身機能の低下に伴い防火などの配慮が必要な、ひとり暮らし高齢者など。市民税非課税世帯。

2.緊急通報システム

内容

おおむね65歳以上のひとり暮らしの高齢者などが、緊急時に緊急ボタンを押すことで、24時間対応のコールセンターが状況に応じた対応をします。
相談などにも対応しています。
費用 1月につき 400円

対象者

おおむね65歳以上で、日常生活に注意を要するひとり暮らし高齢者、および後期高齢者のみで夫婦どちらかが生活に不安を感じている世帯。
64歳以下のひとり暮らしの障害者。

3.家族介護用品支給

内容

紙おむつ、おむつカバーを支給します。

対象者

おおむね65歳以上の方で要介護認定が要介護4または5の市民税非課税世帯の在宅高齢者を介護している家族など。

4.生活管理指導ショートステイ

内容

体調を崩したときなどに、養護老人ホームに一時的に宿泊し、生活習慣の指導、体調調整を行います。
1年間で原則14日を限度
費用 1日につき 1,170円

対象者

おおむね65歳以上で、原則要介護(要支援)認定を受けていない方。

5.あんしん賃貸支援事業

内容

広島県が行っている事業で、高齢者などへの住宅に関する情報提供や居住支援を行っています。

対象者

詳しくは下記リンクをご覧ください。

広島県あんしん賃貸支援事業のホームページ

6.高齢者の障害者控除対象の認定

内容

寝たきりや認知症などの方で、身体障害者手帳などをお持ちでなくても福祉事務所長が障害者控除対象者と認定すれば、所得税や住民税の控除が受けられます。

申請書、診断書のダウンロード

障害者控除対象者認定申請書(WORD:68KB)

診断書(WORD:32KB)

対象者

おおむね65歳以上で、寝たきりや認知症などの方

7.おむつの医療費控除の確認

内容

所得税などの申告で、おむつの医療費控除を受けるために確認書を交付します。 

申出書、証明書のダウンロード

申出書(PDF:69.2KB)

おむつ使用証明書(PDF:52.8KB)

対象者

おむつの医療費控除の申告が2年目以降の方で、要介護(要支援)認定を受けており、一定の要件を満たしている方

初めての申告や要介護(要支援)認定を受けられていない場合は、かかりつけ医などで「おむつ使用証明書」を記入してもらい、申告時に提出してください。

参考

広島県地域包括ケア推進センターへのリンク

お問い合わせ先
地域介護課介護高齢者係
電話番号:(0827)59-2144

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年5月14日