現在の位置

住宅改修費の受領委任払制度について

受領委任払制度の開始

 これまで介護保険の住宅改修費の支給は、被保険者がいったん費用の全額を支払い、その後の申請により保険給付分(9割又は8割)の支払いを受ける「償還払」を原則としていました。

 市では、被保険者の一時的な負担を軽減するため「受領委任払」制度を導入しますので、平成28年4月以降は、償還払と受領委任払のどちらかを選択できるようになります。

 受領委任払にすると、住宅改修に係る被保険者の支払いは、はじめから1割又は2割分で済み、保険給付分の9割又は8割分については、市から直接住宅改修を行った事業者に支払います。

  • 次の方は、受領委任払が利用できません。
    (1)給付制限を受けている方
    (2)要介護認定の新規申請中の方
    (3)入院又は入所中の方

 受領委任払を利用して住宅改修を行う場合の手順については、次の資料をご覧ください。

受領委任払による住宅改修の利用について【被保険者用】(PDF:164.3KB)

受領委任払取扱事業者の登録

 受領委任払を利用して住宅改修を行うためには、工事を行う事業者が市の登録を受けておく必要があります。(登録は、大竹市内又は広島県内に住所を有する事業所に限ります。)

 登録申請は随時受け付けていますが、制度等についての説明を受ける必要がありますので、必ず電話連絡のうえ市地域介護課に来てください。

 償還払については、従来どおり市の登録を受けなくても住宅改修費の申請・支給ができます。

 受領委任払取扱事業者の登録方法等については、次の資料をご覧ください。

住宅改修費の受領委任払制度について【事業者用】(PDF:219.1KB)

登録にかかる様式

居宅介護住宅改修費等受領委任払取扱事業者登録申請書(WORD:35.5KB)

誓約書(WORD:33KB)

居宅介護住宅改修費等受領委任払取扱事業者登録変更届出書(WORD:35KB)

住宅改修事業廃止(休止・再開)届出書(WORD:37KB)

受領委任払取扱事業者の一覧

居宅介護住宅改修費等受領委任払取扱事業者一覧表(PDF:82.8KB)

住宅改修費の申請

 住宅改修費の支給を受けるためには、償還払と受領委任払のいずれの場合でも、事前申請及び支給申請(事後申請)が必要です。

 それぞれの申請に必要な様式は次のとおりです。

事前申請にかかる様式

介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修事前申請書(EXCEL:25.6KB)

住宅改修が必要な理由書(EXCEL:67.5KB)

承諾書(WORD:33.5KB)

支給申請(事後申請)にかかる様式

介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修支給申請書(EXCEL:18.1KB)

委任状(償還払用)(EXCEL:10.9KB)

委任状(受領委任払用)(EXCEL:19.7KB)

請求書(受領委任払用)(EXCEL:17.1KB)

お問い合わせ先
地域介護課介護高齢者係
電話番号:(0827)59-2144

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年6月15日