現在の位置

マロンの里交流館

マロンの里交流館について

 

 

マロンの里交流館は、大竹市栗谷地区にあります。

交流館では春季と秋季の年2回、マロンの里まつりが開催され、多くの方が来場されます。

交流館の裏を流れる玖島川では、夏は川遊びをする家族連れでにぎわいます。

また、交流館の周辺には三倉岳、弥栄峡、蛇喰磐といった名所があり、名所を巡った帰りに一息つける場所です。

そんなマロンの里の魅力をお伝えします。

 

 

館内・敷地内施設について

館内には直売所、レストランみくら、交流研修室、調理実習室があります。

また、敷地内には農村公園(芝生公園)、植物探勝・川遊びゾーンもあり、自然に触れることもできます。

 

 

森林浴や川遊びなど、自然の中でゆっくりとした時間を過ごしませんか?

マロンの里交流館 直売所

マロンの里交流館の目玉施設です。

直売所では朝獲れの新鮮な農作物を販売しています。

季節によって入荷物は様々です。

春は春野菜のほか、たけのこをはじめとする山の幸が並びます。

夏には夏野菜や大竹特産のイチジクが、

秋は交流館の名前にもなっている栗、栗谷産のおいしいお米が並びます。

冬は白菜や大根などの鍋に欠かせない野菜が並びます。

 

マロンの里交流館は季節の旬の味わいを皆様にお届けします。

 

 

各種加工品も取り扱っています。

地元産加工品コーナーでは、おおたけ6次産業化メンバーの一員である、

大竹特産ゆめ倶楽部が開発した『生七味』や『広島かきみそラー油』などが並びます。

『栗ジャム』の販売も行われています。

 

 

 

レストランみくら

 

 

レストランみくらでは地場産の食材を使ったメニューが提供されています。

みくら定食やふるさと定食、山菜うどんといったメニューに加え、

マロンソフトクリームや押し寿司といったテイクアウトできるメニューもございます。

しっかり昼食という時も、ちょっと一息といった時にもおすすめできる施設です。

 

 

 

 

自然の中で食べるソフトクリームは絶品です。

 

 

研修室・休憩室について

研修室では詩吟教室や、陶芸教室といった講座が毎月開設されています。

また、事前に申込みいただいた場合、研修室の利用もできます。

利用や講座などに関するお問い合わせはマロンの里交流館に連絡をお願いします。

休憩室は当館をご利用される方はどなたでも利用できます。

調理実習室について

事前の申込みが必要となっています。

こんにゃくを手作りできます。

詳しい情報はマロンの里交流館までお問い合わせください。

開館時間および、館内施設営業時間について

交流館内直売所

午前9時~午後5時

 

レストランみくら

午前9時~午後5時

 

○イベント等により開館時間が異なる場合がございますのでご了承ください。

休館日

毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館)

問い合わせ先

マロンの里交流館

住所:大竹市栗谷町大栗林195-12

電話:(0827)-55-0055

地図情報

お問い合わせ先
産業振興課農林水産振興係
電話番号:(0827)59-2130

更新日:2018年3月14日