現在の位置

妊婦一般健康診査のお知らせ

妊婦一般健康診査について

 妊婦健康診査は、妊婦さんとお腹の赤ちゃんの健康を守り、安心して出産を迎えるうえでとても大切です。かかりつけ医で定期的に受診しましょう。

 

妊娠週数と受診間隔

妊 娠 週 数

受 診 間 隔

妊娠23週まで(第6月末)まで

4週間に1回

妊娠24~35週(第7~9月末)

2週間に1回

妊娠36週(第10月)以降から出産まで

毎週1回

 

公費負担(助成)内容 

券の種別

回 数

使用に関する留意点等

妊婦一般健康診査検査券※

1回分

妊娠初期の血液検査等に使用します。

妊婦一般健康診査補助券

14回分

妊娠全期を通じて妊婦健康診査に使用します。

子宮頸ガン検診受診券※

1回分

 

クラミジア検査受診券

1回分

 

母子健康手帳別冊につぎの券がセットされています。

助成上限金額については、下記のPDFをご確認ください。

※検査券および子宮頸ガン検診受診券は単独では使えません。補助券と一緒に使用してください。

 

受診医療機関について

 〇広島県内

  医療機関・助産施設で使用できます。

 〇広島県外

  山口県内の場合、使用できる医療機関があります。

  詳細については、下記のPDFをご確認ください。

令和2年度 妊婦及び乳児一般健康診査をうけましょう!(PDF:268.8KB)

償還払いについて

 市と委託契約を締結していない医療機関で受診した場合は償還払いとなります。

 一旦、医療機関の窓口で全額を支払い、その後市へ申請していただければ費用の一部をお返しします。

(申請方法)

 健康診査の最終日から120日以内に必要書類をそろえて保健医療課(10番窓口)で申請手続きをしてください。

(申請に必要なもの) 

 1 申請書

   ※様式は市窓口で配布または下記からダウンロードできます

 2 領収書

 3 印鑑

 4 親子(母子)健康手帳

 5 振込先のわかるもの(預金通帳等)

 6 未使用の券(妊婦一般健康診査補助券等)

   ※別冊から切り離さず、そのままお持ちください

 

市外へ転出する場合

 大竹市の補助券などは使用できません。転出先の保健センターなどに問い合せてください。

 

健やか安心基金の活用

この事業は岩国飛行場に係る再編交付金を財源とした「健やか安心基金」を活用しています。

 

令和2年度妊婦健康診査費用等支給申請書(償還払い分)(PDF:58KB)

お問い合わせ先
保健医療課保健予防係
電話番号:(0827)59-2140

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2020年12月25日