現在の位置

学力調査説明(学力調査とは)

全国学力・学習状況調査(文部科学省実施)

1.調査の趣旨

義務教育の機会均等と教育の水準を維持・向上していくために、全国的な児童生徒の学力や学習状況を把握・分析し、学校における児童生徒への教育指導の充実や学習常用の改善等に役立てることを目的に実施するものです。

2.調査の対象

  • 小学校第6学年、特別支援学校小学部第6学年
  • 中学校第3学年、中等教育学校第3学年、 特別支援学校中学部第3学年

3.調査内容

(1)教科に関する調査

国語A、算数・数学A 

身に付けておかなければ後の学年等の学習内容に影響を及ぼす内容や、実生活において不可欠であり常に活用できるようになっていることが望ましい知識・技能を中心とした問題。 

国語B、算数・数学B

知識・技能等を実生活の様々な場面に活用する力や、様々な課題解決の構想を立て実践し評価・改善する力などに関わる内容を中心とした問題。

理科

主として「知識」に関する問題と主として「活用」に関する問題を一体的にした問題。

(2)質問紙調査

児童を対象に、学習意欲、学習方法、学習環境、生活の諸側面等に関する内容。

「基礎・基本」定着状況調査(広島県教育委員会実施)

1.調査の趣旨

  1. 学習指導要領に示されている目標及び内容に基づき、「読み・書き・計算」などの基礎的・基本的な知識・技能の定着状況とともに、思考力、表現力などの状況を把握する。
  2. 児童生徒の生活や学習に関する意識や実態及び各学校における教科指導等の実態を把握する。 
  3. 各学校が全県的な結果と比較・分析することを通して、自校の課題を明確にするとともに、指導内容や指導方法の改善・充実を図る。 

2.調査対象

  • 小学校第5学年、特別支援学校小学部第5学年
  • 中学校第2学年、中等教育学校第2学年、 特別支援学校中学部第2学年

3.調査内容

  • 国語、算数・数学、理科における前学年までの学習内容の定着状況調査
  • 生活と学習に関する意識・実態についての児童生徒質問紙調査
(イラスト)こいちゃん

各学校の学力調査結果と、調査結果を受けてこれから取り組んでいくことが学校のホームページに公開されていますので、そちらもご覧ください。

お問い合わせ先
総務学事課教育指導係
電話番号:(0827)59-2185

更新日:2016年3月1日