現在の位置

介護保険住宅改修支援事業(理由書作成)【事業者向け】

介護保険住宅改修費事前申請に添付する「住宅改修が必要な理由書」は、居宅介護(介護予防)支援の一環として、担当する介護支援専門員(ケアマネジャー)や地域包括支援センター職員等が作成しています。

しかし、介護保険サービスのうち、住宅改修のみを利用するために要介護(要支援)認定を受けられた方には、居宅介護(介護予防)支援が行われないため、理由書作成者の確保が困難な場合があります。

そのため、大竹市では、要介護(要支援)認定を受けられた方に対して、住宅改修に係る適切なマネジメントを受けられるよう、「介護保険住宅改修支援事業」を実施します。

市は、事業所等が「介護保険住宅改修支援事業」として理由書を作成した場合に、市の要件を満たせば、理由書作成者が属する事業所等に対して、手数料を支払います。

※事業を利用する事業所等は、市と覚書を締結する必要があります。

※理由書を作成できるのは、市が定めた有資格者となります。

大竹市介護保険住宅改修支援事業実施要綱(PDF:64.8KB)

運用説明(PDF:96.6KB)

請求書(PDF:61.7KB)

請求書(EXCEL:29.2KB)

お問い合わせ先
地域介護課介護高齢者係
電話番号:(0827)59-2144

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年7月27日