新型コロナウイルス感染症について

PCR検査について(広島県より)

 広島県では、PCR検査を無料で実施しています。 県民のみなさまだけでなく、やむを得ず県外から広島に来られた方へもご利用いただけます。 PCR検査実施の詳細ついては、広島県のホームページをご覧ください。

ワクチン・検査パッケージに関する検査体制について

 広島県ではワクチン・検査パッケージに対応した「PCR検査」と「抗原定性検査」を実施しています。

詳しくはこちらからご覧ください。

 

新型コロナウイルス感染症の相談・受診について

 新型コロナウイルス感染症は、風邪やインフルエンザの症状とよく似ており、症状も様々であるため、判別は困難です。軽い風邪症状でも感染していた症例も見られます。 周囲の方へ感染させないためには医療機関を早く受診することが重要です。風邪かな?と思ったらまずは「かかりつけ医」か「県ホームページに掲載の診療・検査医療機関」、または「積極ガードダイヤル」へ相談ください。

 詳細は、以下リンク等をご参照ください。

相談・受診の前に

・発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控えてください。

・発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておいてください。

・基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。

 

新型コロナウイルス感染症 相談・受診の目安

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、かかりつけ医へ電話などで相談、または広島県受診・相談センター(積極ガードダイヤル)へご相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、発熱等の症状のいずれかがある場合

重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

・上記以外の方で発熱や咳など風邪の症状が続く場合

 

(妊婦の方へ)

妊婦の方については、念のため重症化しやすい方と同様に、早めにかかりつけ医へ相談、または広島県受診・相談センター(積極ガードダイヤル)へご相談ください。

(お子様がおられるご家庭の方へ)

・小児については、小児科医による診察が望ましく、かかりつけ小児医療機関、または広島県受診・相談センター(積極ガードダイヤル)にご相談ください。

※なお、この目安は、国民のみなさまが、相談・受診する目安です。これまで通り、 検査については医師が個別に判断します。

 

医療機関にかかるときのお願い

・複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。

・医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

 

新型コロナウイルスに関する対策とお願い

 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために、「新しい生活様式」として、一人一人が感染防止の3つの基本である1.身体的距離の確保、2.マスクの着用、3.手洗いや「3密(密集、密接、密閉)」を避けるなどの対策を取り入れた生活様式を実践することが求められています。

 

マスクの着用について

 個々人の諸事情によりマスクの着用が困難な方がおられることについて、ご理解をいただきますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症に関する資料(厚生労働省より)

参考ページ

新型コロナウイルス感染症に関する情報については下記ホームページをご覧ください。

・新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)

お問い合わせ先

保健医療課保健予防係
電話番号:(0827)59-2140

ファクス:(0827)57-7130

hokeniryo@city.otake.hiroshima.jp

更新日:2022年09月27日