現在の位置

避難勧告等に関するガイドラインが改訂されました

 

 このたび,国が示す「避難勧告等に関するガイドライン」が改定されました。どの地域がどれくらいの危険度になっているのかということを,分かりやすく示す方法で,災害発生の段階を「警戒レベル1から警戒レベル5」に区分し,避難するタイミングを伝えるものです。
 
 気象庁がテレビなどで発表する防災情報で,警報が発令されるような気象状況になったとき,「警戒レベル3相当です」といった表現がされます。この改訂に基づき,大竹市でも避難に関する情報の伝達を行います。例えば市内に大雨警報等が発令され,さらに降雨量が多くなり,土砂災害などの危険が伴う山すそや谷川沿いなど,危険性が高いと判断した地域に対しては「警戒レベル3 避難準備(高齢者等避難開始)」を発令することになります。
 また,河川の氾濫や土砂災害発生の危険性が非常に高くなったときに,気象庁から「氾濫危険情報」や「土砂災害警戒情報」が発表された場合,その対象地域に「警戒レベル4 避難勧告または避難指示(緊急)」を発令することになります。 発表された警戒レベルや災害の内容をしっかりと確認し,皆さんの地域の状況を考えた上で,早めの避難行動を取るようにしてください。
 
 また,防災行政無線による放送は,雨天時や屋内では伝わりにくいことがあります。大竹市防災情報メールへの登録や市のホームページ,防災テレフォンサービス番号を活用してください。避難情報をみずから取得することが,避難を行う時の判断に役立ちます。積極的な情報取得を心がけてください。

 

警戒レベル発令に関するお知らせ(広島県配布)(PDF:1.2MB)

防災テレフォンサービスおよび防災情報等メールのご案内(PDF:257.8KB)

お問い合わせ先
総務課防災係
電話番号:(0827)59-2119

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2019年6月5日