現在の位置

食育の取組

給食センターで調理体験

 学校給食への理解を深め、料理をする楽しさを知り、家庭の食事での実践に結びつけてほしいとの目的で、給食センターにおいて親子で人気の給食メニューを調理体験しました。市内小学校の親子を対象に募集したところ、定員を超える申し込みがりましたので抽選にさせていただきました。抽選で決定した50人の親子が100人分の調理に挑戦し、出来上がった給食を試食しました。

と き 平成30年7月24日(火曜日)

ところ 大竹市給食センター

調理体験メニュー

・広島名物たっぷり塩レモンスパゲティ

・あげあげちくわ

・ツナサラダ

・牛乳

調理体験の様子

hajime

体験内容の説明

ea-

エアーシャワーを通って調理室に入ります。

arau

野菜は種類ごとに3回洗いました。

chikuwa

あげあげちくわのちくわを切りました。

awaseru

サラダのドレッシングを作りました。

houtyou

スパゲティに入る野菜は包丁で切りました。

supa

大きな釜でスパゲティをゆでました。

ageru1

フライヤーを使ってちくわを揚げました。

kama

全員が大きなしゃもじを使って釜の中身を混ぜる体験をしました。

minnnade

作った給食をみんなで食べました。

アンケート結果から

【参加した児童の感想】

・びっくりしたのは野菜を3回も洗っていたことです。

・あげあげちくわとツナサラダがおいしかったので家でも作ってみたくなりました。

・大きななべを混ぜるのがとても楽しくて、包丁でキャベツともやしをたくさん切ったことがおもしろかったです。

・もうちょっと体験できるところを増やしてほしかったです。でも楽しかったです。またやりたいです。

・なべが大きくてびっくりして、しゃもじが大きくてびっくりして、エアーシャワーが風だらけでびっくりしたよ。

・調理室は初めて入って、フライヤーも初めて見て、揚がるときがすごくおいしそうでした。来年も行きたいし、違う献立も作って食べてみたいです。

・ドレッシングの材料が少ないから簡単にできそうです。初めて体験して、調理員さんが大変だとわかりました。来年も行きたいです。

【参加した保護者の感想】

・初めて参加しましたが、子供たちが楽しそうで、自分たちの作った給食をおいしく食べました。子供に「家でこれ作って!」と言われました。ぜひまた参加したいです。

・なかなか家で子供と調理をすることがないので、良い機会でした。包丁を使うのが楽しいと子供が言っていたので、家でも練習させてみたいと思いました。

・施設内や調理器具がとてもきれいで、いつも清潔な環境で作られた給食を子供たちがたべていることに安心しました。作り方も丁寧でとてもおいしかったです。

 

更新日:2018年9月3日