現在の位置

いざという時のために

災害はいつやってくるかわかりません。自分や自分の大切な家族を守っていくためにも、いざという時にどうすればいいのか話し合っておくことが大切です。
いざという時の役割分担や連絡方法、避難場所などについて確認しておきましょう。

  • 家族一人ひとりの役割の確認
  • 災害時の連絡方法や集合場所などの確認
  • 避難場所の確認
  • 家の中や近所の危険個所のチェック
  • 非常持ち出し品のチェック
  • 非常用食料の備蓄
  • 家具の転倒防止策

など

広島県防災情報メール通知サービス

広島県防災情報メール通知サービス

地震について

地震は、予測が非常に困難な災害です。大きな地震が発生すると建物の倒壊や火災、津波の発生などにより、たいへんな被害を及ぼすおそれがあります。
大きな地震が発生したときには、次のようなことに注意をして行動してください。

  • 揺れを感じたら、丈夫な机やテーブルの下に身をかくしましょう。
  • 火を使用していた場合には、すぐに消しましょう。
  • 逃げ道を確保するため、ドアを開けておきましょう。建物が傾くなどして開かなくなるおそれがあります。
  • 津波がくるおそれがありますので、海岸へは近づかないようにしましょう。また、海岸近くにいる人は、海岸から離れ、高いところに避難しましょう。
  • 建物や塀ぎわなどは、瓦、窓ガラス、壁、看板などが落ちてきたり、ブロック塀が倒壊したりすることがありますので、持ち物などで頭部を守り、すぐに広いところや強固な建物に避難してください。
  • エレベーターに乗っていた場合には、すぐに各階のボタンをすべて押し、最寄りの階でおりて、階段を使って避難しましょう。

広島県地震被害想定調査報告書

地震の揺れと想定される被害
震度0 人は揺れを感じない。
震度1 屋内にいる人の一部がわずかな揺れを感じる。
震度2 屋内にいる人の多くが揺れを感じる。つり下がっている電灯などがわずかに揺れる。
震度3 屋内にいるほとんどの人が揺れを感じ、棚の食器が音を立てることがある。
震度4 眠っている人のほとんどが目を覚まし、部屋の不安定な置物が倒れる。歩行中の人も揺れを感じる。
震度5(弱) 家具の移動や、食器や本が落ちたり、窓ガラスが割れたりすることもある。
震度5(強) タンスなど重い家具や、外では自動販売機が倒れることがある。自動車の運転は困難。
震度6(弱) 立っていることが難しい。壁のタイルや窓ガラスが壊れ、ドアが開かなくなる。
震度6(強) 立っていられず、はわないと動くことができない。重い家具のほとんどが倒れ、戸がはずれて飛ぶ。
震度7 自分の意志で行動できない。大きな地割れや地すべり、山崩れが発生する。

気象庁の資料による

お問い合わせ先
総務課防災係
電話番号:(0827)59-2119

更新日:2016年3月9日