現在の位置

豚熱に関する情報

これまでの経緯

令和4年3月21日、大竹市内において、県内で初めて、野生イノシシの豚熱の感染が確認されました。

令和4年4月5日、市内2例目の感染が確認されました。

令和4年4月22日、市内3例目(県内4例目)の感染が確認されました。

令和4年5月20日、市内4例目(県内5例目)の感染が確認されました。

死亡したイノシシを発見したら

現在、広島県が死亡した野生イノシシの血液や臓器を用いて、豚熱等の検査を行うことにより、本病の浸潤状況を調査しています。

死亡した野生イノシシを発見した場合は、西部畜産事務所・家畜保健衛生所 082-423-2441(直通)までご連絡ください。(夜間・休日等の場合は、翌日・翌週の開庁時に連絡してください。)

市民の皆様へ

・豚熱は豚及びイノシシの病気であり、人に感染することはありません。

・食品安全委員会の見解によれば、仮に豚熱にかかった豚やイノシシの肉等を食べても人体に影響はないとされています。

広島県の対応等

広島県の対応等についてはこちらからご確認ください

お問い合わせ先
産業振興課農林水産振興係
電話番号:(0827)59-2130

更新日:2022年5月25日