現在の位置

住民票等への旧氏(旧姓)併記

 令和元年11月5日から、住民票、マイナンバーカード等へ旧氏(旧姓)を併記することができます。

総務省パンフレット(住民票とマイナンバーカードに旧姓(旧氏)が併記できます!)(PDF:1.1MB)

手続きのための必要書類

・本人確認書類

・戸籍謄本等

  ※当該旧氏の記載されている戸籍(除籍)謄本から現在の氏が記載されている戸籍

  までの全ての戸籍謄本等が必要です

・マイナンバーカードまたは通知カード

総務省パンフレット(旧姓(旧氏)を併記するためには、どうしたらいいの?)(PDF:598.2KB)

手続場所

市民税務課または大竹支所

注意事項

・旧氏を併記する場合には、本人の戸籍謄本等に記載されている過去の氏の中から

 1つを選んで併記することができます。

・住民票に旧氏を記載している場合、住民票の写し等に記載されている旧氏を非表示

 にすることはできず、現在の氏と旧氏の両方が必ず記載されます。

・旧氏の記載には必ず戸籍謄本等が必要であり、戸籍の届出の受理証明書では受

 け付けできません。

関連リンク

総務省ホームページ(住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について)

お問い合わせ先
市民税務課戸籍住民係
電話番号:(0827)59-2143

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2019年11月28日