現在の位置

大竹駅周辺整備事業について

事業の目的

 大竹市の玄関口であるJR大竹駅を橋上化し、東西地区を結ぶ自由通路で結び、東口及び西口広場を一体的に整備・バリアフリー化することで、駅へのアクセスや駅周辺の回遊性の向上を図るとともに、駅周辺の円滑な自動車アクセスと交通拠点・結節点としての機能強化を図ります。

大竹駅周辺整備完成イメージ図

事業の概要

1.概要

(1)自由通路

JR山陽本線を跨ぐ自由通路を整備し、駅舎を橋上化します。

 延長 約127m

 有効幅員 4.0m

 エレベーター 2基(東口・西口広場側に各1基)

(2)東口広場

大竹駅東側に、ロータリーや駅前駐車・駐輪場等を整備します。

 東口広場面積 約3,870m2

(3)西口広場

ロータリーを再整備し、既存の西口広場の課題である広場への通過交通を排除するとともに、不足している交流広場を整備します。

 西口広場面積 約4,300m2

大竹駅周辺整備事業全体平面図(PDF:1.1MB)

2.事業の経緯

平成24年 2月 大竹駅周辺整備新構想策定

平成30年12月 都市計画道路駅前油見線(西口広場)及び新町西栄線

      (自由通路)の都市計画変更

       JR西日本及びJR貨物と自由通路等の施行に関する協定

       を締結

平成31年 2月 都市計画事業認可取得

平成31年度  実施設計及び準備工事着手

今後の予定

1.自由通路

平成31年(2019年)度 実施設計及び準備工事

令和2年(2020年)度 整備工事着手

令和4年(2022年)度末 完成予定

2.東口及び西口広場

平成31年(2019年)度 実施設計及び西口広場仮設工事

令和4年(2022年)度末 東口広場暫定供用

令和5年(2023年)度末 完成予定

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

関連リンク

大竹駅周辺整備構想を策定しました

JR大竹駅のデザインに関するアンケート

お問い合わせ先
都市計画課計画整備係
電話番号:(0827)59-2167

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2019年4月9日