現在の位置

平成31年度保育所新規入所案内

申込期間

 平成31年度の保育施設(保育園・認定こども園)の新規入所の申し込み受け付け期間は下記のとおりです。

平成31年4月中に入所を希望する方

第1次申込期間

・平成30年12月3日(月曜日)~平成31年1月11日(金曜日) 8時30分~17時15分

 ※土曜日、日曜日、祝日、平成30年12月29日~平成31年1月3日は除きます。

・平成30年12月11日(火曜日)、平成31年1月9日(水曜日) 8時30分~20時

・平成30年12月23日(日曜日) 8時30分~17時15分

 

第2次申込期間

平成31年1月15日(火曜日)~平成31年2月8日(金曜日) 8時30分~17時15分

 ※土曜日、日曜日、祝日は除きます。

 

第3次申込期間

平成31年2月12日(火曜日)~平成31年3月8日(金曜日) 8時30分~17時15分

 ※土曜日、日曜日、祝日は除きます。

 

※ 第2次申し込みは第1次申し込み、第3次申し込みは第2次申し込みでの利用調整後に空きがある保育所でのみ利用調整を行います。

 

 

平成31年5月以降に入所を希望する方

利用希望月の前月10日まで(10日が閉庁日の場合は直前の開庁日まで)

 

受付場所

市役所福祉課児童係

※保育所、支所での受け付けはできません。

 

申込書類の配布

平成30年11月19日(月曜日)から市役所福祉課児童係及び市内の各保育所で配布します。

※市ホームページからもダウンロードできます。(平成30年11月19日から掲載します)

 

保育の必要性について

保育所の利用を希望する場合には、下記の支給認定を受けていただく必要があります。支給認定の申請は入所の申し込みと同時に行うことができます。

支給認定区分

支給認定区分
2号認定 児童が満3歳以上で保育の必要な事由に該当する場合
3号認定 児童が満3歳未満で保育の必要な事由に該当する場合

保育の必要量

保育の必要性があり上記の2号・3号の認定を受けた場合はその事由により「保育の必要量を認定します。

保育の必要量

保育標準時間

最大11時間
 保育短時間 最大8時間

※11時間、8時間をどの時間帯とするかは各保育所が定めています。

※保育短時間で認定を受けている方が、保育短時間を越えて利用する場合は、各保育所の開所時間内であっても延長保育の扱いとなり、延長保育料を負担していただきます。延長保育料は保育所によって異なりますので、各保育所に確認してください。

保育の必要事由について

〈対象者〉 児童の保護者(父・母)

2号・3号認定の申請(保育所の入所申し込み)保護者の保育を必要とする事由を確認させていただきます。保育を必要とする事由として認められるのは、次の項目です。

 

1.月48時間以上の就労をしていること(産休・育休を含む)

  ※ 育児休業明けで入所申し込みをする場合は、育児休業明け2週間前から保

     育所を利用することができます。ただし、児童が年少(平成31年4月1日現在

     で3歳以上)の場合は、育児休業中であっても入所申し込みができます。

  ※ 農業の場合,経営者が農業により収入を得ていることが条件です。

2.病気や怪我のため、または精神や身体に障害があること

3.同居の親族(長期入院等をしている親族を含む)を常時介護、看護または付添

  していること

4.震災、風水害、火災その他災害の復旧に当たっていること

5.求職活動を継続的に行っていること。

  ※ 認定後90日以内に月48時間以上の就労を開始することが条件です。

6.通学をしていること(学校教育法に規定された学校等、職業訓練校における職 

  業訓練)

7.下の子の出産の直前か直後であること 

8.その他保育が必要な場合

 

 

 

保育所・保育園・幼稚園

お問い合わせ先
福祉課児童係
電話番号:(0827)59-2148

更新日:2018年11月2日