現在の位置

性被害にあわれた方のための相談窓口(性被害ワンストップセンターひろしま)

広島県では、性被害にあわれた方が、プライバシーを守られながら、ワンストップで支援を受けることのできる相談窓口を設置しています。

被害にあったのは、あなたのせいではありません。
悪いのは加害者です。
あなたの抱える悲しみ、苦しさ、不安、怒り、恐怖を、まずは電話で相談ください。
秘密は、必ず守られます。
24時間365日対応

性被害ワンストップセンターひろしまの詳しい情報はこちらをクリックしてください。

性被害とは

本人の望まない性的行為すべてです。
(例)
・レイプ
・わいせつ(身体を触られる、服を脱がされる、性器を見せられる、盗撮など)
・DV(夫婦や恋人間での性行為の強要など)
・セクハラ(職場や学校での性的嫌がらせ)
・児童への性的虐待など

専用電話

(082)298‐7878

相談時間

  • 電話相談は、24時間365日対応
  • 面談相談、付添支援などのその他の支援は、原則、年末年始、盆休み、第1・3・5日曜、祝日を除く毎日の9時から17時まで (ただし、被害直後の急性期治療に係る支援は、24時間365日対応)

支援内容

  • 臨床心理士、養護教諭、看護師等の資格や、女性相談等経験を有する相談員による電話相談
  • 面談相談、病院、警察、弁護士等への付添支援など被害者等が求める支援
  • 急性期等における医療的支援(連絡調整、病院付添支援など)
    《急性期医療とは…レイプ等の被害にあってから72時間以内であれば、緊急避妊ピルを飲むことで、妊娠の可能性が低くなります。》
    また、性感染症検査や証拠採取などの処置も受けられます。(公費負担可)

支援の流れ

支援の流れ

被害にあわれた方のためのその他の支援

  • 緊急避妊治療、感染症検査、中絶など医療経費の公費負担
  • 法律相談費用や心理カウンセリング費用の一部公費負担

お問い合わせ

広島県県民活動課

電話番号:(082)513-2744

更新日:2017年10月23日