現在の位置

セアカゴケグモに注意してください!

 晴海臨海公園内(晴海2丁目)の数カ所で、特定外来生物である「セアカゴケグモ」が見つかりました。

 

もし見つけたら

 周辺に生息している可能性もあります。

 比較的おとなしい性格で、攻撃的ではありませんが、メスは毒を持っているので、万一、見つけた場合には、絶対に素手でさわらず、

〇市販のゴキブリ用殺虫剤(ピレスロイド系)を噴霧する。

〇熱湯をかける。

〇靴で踏みつぶす。

 などして駆除してください。

もしも咬まれたら

 咬まれた場所を、温水や石けん水で洗い落としてください。

 また、まれに重症化し、発熱や吐き気などを伴う場合もありますので、適切な治療のため、可能な限り咬まれたクモを殺して医療機関に持参し、速やかに医師の診察を受けてください。

特徴

(写真)セアカゴケグモ(メス)

 オーストラリア原産で、成体のメスは体長が1センチメートル前後、オスは5ミリメートル程度です。

 また、全体的に黒または濃い褐色で、腹部の背面にメスは赤色の帯状模様、オスは白い斑紋があるのが特徴です。

※写真はセアカゴケグモのメス

 

必ず連絡してください

 日当たりがよく暖かいところを好み、排水溝の側面やふたの裏側、プランターやエアコンの室外機などに生息している可能性があります。

 見つけたり、駆除した場合は、必ず環境整備課まで連絡してください。

詳しくは

特定外来生物セアカゴケグモ中・四国版<環境省作成>

「セアカゴケグモ」に注意してください!(PDF:239.2KB)

お問い合わせ先
環境整備課環境整備係
電話番号:(0827)59-2154

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年8月31日