現在の位置

社会福祉法人広島友愛福祉会指導監査結果について

法人の主体性を尊重しながら,健全な法人運営が確保されることを目的に「法人運営の適正化」,「会計管理の適正化」,「社会福祉事業の推進」を監査項目とし監査を実施しました。その結果改善が必要と認められる事項については,理事長に対し文書で通知するとともに,文書による改善状況の報告を求めています。

指導監査結果

実施年月日

監査区分

指摘事項 改善状況

平成28年

11月

4日

一般

(1)財務諸表の様式について以下のことを改善すること。

1.以下の書類を財務諸表に添付すること。

・事業区分資金収支内訳表(様式第1号の3)

・事業区分事業活動内訳表 (様式第2号の3)

・事業区分貸借対照表内訳表(様式第3号の3)

・基本財産及びその他の固定資産の明細書

・引当金明細書

2.財務諸表の注記については、拠点区分においても記載すること。

改善済

(平成28年3月に作成済みであったが、添付(印字)をしていなかった。添付済)

(2)賞与引当金は適切に計上すること。

改善中

(今年度は補正予算で対応する。)

(3)固定資産現在高報告書を作成すること。

改善済

(平成28年3月に作成済みであったが、添付をしていなかった。添付済)

 

お問い合わせ先
地域介護課介護高齢者係
電話番号:(0827)59-2144

更新日:2016年12月19日