現在の位置

第十回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金の請求について

特別弔慰金の趣旨

 戦没者などの遺族に対する特別弔慰金支給法は、先の大戦において公務などのため国に殉じた軍人・軍属及び準軍属の方々に思いをいたし、戦後20周年(昭和40年)・30周年(昭和50年)・40周年(昭和60年)・50周年(平成7年)・60周年(平成17年)・70周年(平成27年)という特別な機会(この年の4月1日を「基準日」といいます)をとらえ、国として弔慰の意を表するために特別弔慰金(国債)を支給するものです。

支給対象者

戦没者等死亡当時のご遺族で、平成27年4月1日(基準日)において、戦没者の遺族の中に恩給法に規定する公務扶助料・戦傷病者戦没者遺族等援護法に規定する遺族年金などの年金給付を受ける権利を有する遺族(配偶者・父母など)がいない場合で、戦没者の遺族に対する特別弔慰金支給法上の「戦没者などの遺族」のうち先順位1名の方です。

  1. 平成27年4月1日までに戦傷病者戦没者等援護法による弔慰金の受給権を取得した方
  2. 戦没者等の子
  3. 戦没者等の(1)父母(2)孫(3)祖父母(4)兄弟姉妹
  4. 上記1から3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥・姪等)
    戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上生計関係を有していた方に限ります

支給内容

額面25万円 5年償還の記名国債

請求期間

平成27年4月1日から平成30年4月2日まで

請求期間を過ぎると第十回特別弔慰金を受けることができなくなりますので、ご注意下さい。

請求窓口

大竹市地域介護課福祉総務係 窓口

支所・郵送での受け付けは行っていません。

申請書等必要書類は、地域介護課福祉総務係窓口にあります。
請求手続きなど詳しくは、大竹市地域介護課(電話 59-2152)までお問い合わせください。

平成28年1月からの手続きにはマイナンバー(個人番号)が必要です

個人番号利用開始に伴い、特別弔慰金の請求手続きにも個人番号の記入が必要です。
平成28年1月以降の手続きには、マイナンバーの通知カードもしくは個人番号カードをご持参ください。

関連リンク

広島県ホームページ

お問い合わせ先
地域介護課福祉総務係
電話番号:(0827)59-2152

更新日:2017年3月31日