現在の位置

社会福祉法人大竹市社会福祉協議会指導監査結果について

 社会福祉法人大竹市社会福祉協議会(以下「社会福祉協議会」という。)の主体性を尊重しながら、健全な法人運営が確保されることを目的に、「法人運営の適正化」、「会計管理の適正化」、「社会福祉事業の推進」を重点監査項目とし、下記のとおり一般(実地)監査を実施しました。その結果改善が必要と認められる事項については、社会福祉協議会会長に対して文書で通知するとともに、文書による改善状況の報告を求めました。

法人運営に関する指導監査結果
実施年月日 監査区分 指摘事項 改善状況
平成29年2月17日 一般
  1. 成年後見事業の実績を増やすとともに,市民に対し周知を図ること。
  2. 具体的な職員研修計画を立てること。
  3. 福祉サービスに関する苦情が未解決のままとなっているので,取り組み,第三者委員へ報告すること。
改善中
会計経理に関する指導監査結果
実施年月日 監査区分 指摘事項 改善状況
平成29年2月17日 一般
  1. 補正予算の編成時期を適正に行うこと。
  2. 附属明細書として基本金明細書を作成すること。
  3. 随意契約の理由が合理的でないものがあるので,業者選定に当たっては,明確な理由を必ず付すこと。
  4. 2社以上の業者から見積書をとるようにすること。
改善中

 

お問い合わせ先
地域介護課福祉総務係
電話番号:(0827)59-2152

更新日:2017年4月12日