現在の位置

国民年金の加入手続きについて

(1)20歳になったとき

厚生年金加入者・厚生年金の配偶者の方以外は、国民年金の加入手続きをしてください。

必要なもの

・印鑑

・学生証(学生の方で、学生納付特例の申請をされる方の場合)

・日本年金機構から届いている書類一式

・年金手帳(既にお持ちの場合)

(2)会社などを退職したとき(20歳以上60歳未満の方)

国民年金加入の手続きをしてください。

必要なもの

・印鑑

・年金手帳

・資格喪失証明書(ただし、国民年金のみの手続きであれば離職票等退職日の分かるもので手続きが可能です)

(3)配偶者の扶養からはずれたとき(20歳以上60歳未満の方)

 国民年金の切り替えの手続きをしてください。

必要なもの

・印鑑

・年金手帳

・資格喪失証明書

(4)任意加入するとき

ご希望の方は、国民年金に任意で加入ができます。

〈対象となる方〉

・60歳以上65歳未満の方で国民年金の納付月数が480ヶ月に満たない方

・日本国籍を有し海外に居住している20歳以上65歳未満の方

(ただし、受給資格を満たしていない方は70歳までは加入ができます)

 

〈注1〉

任意加入ご希望の方は、原則口座振替となります。

〈注2〉

既に繰上げ支給の老齢基礎年金を受給している方は、任意加入ができません。

必要なもの

・印鑑(銀行印)

・通帳

・年金手帳

・パスポート(海外に居住している方)

関連リンク

広島西年金事務所ホームページ

お問い合わせ先
保健医療課国保年金係
電話番号:(0827)59-2141

更新日:2016年3月1日