現在の位置

ノロウイルスによる感染性胃腸炎について

ノロウイルスによるとみられる感染性胃腸炎が流行する季節に入りました。

毎年12月にピークを迎えます。このウイルスに対する感染予防のワクチンはなく、また治療は点滴注射による輸液などの対処療法しかありません。そのため、一人ひとりが感染を予防することが最も重要といえます。

ノロウイルスによる感染性胃腸炎とは

ノロウイルスに感染すると、24~48時間の潜伏期間の後、嘔吐、下痢、腹痛を起こします。通常は1、2日で回復しますが、小さなお子さんや高齢者は脱水症状を起こすなど、重症化することがあります。

 

感染経路は

ノロウイルスは、以前から食中毒として「経口感染」がよく知られていますが、感染者や無症状の病原保有者との直接及び間接的な接触による「接触感染」、感染者のおう吐物や下痢便を介した「飛沫感染」などで人から人へも感染します。

その感染力は非常に強くわずか10~100個程度の少量のウイルス量でも感染する可能性があります。乳幼児や児童の集団生活施設である保育所や幼稚園及び小学校では、接触感染や飛沫感染等により、集団発生が繰り返されているものと考えられます。

また、嘔吐や下痢便の処理が適切に行われなかったために残ったウイルスを含む小粒子が、掃除などによって舞い上がり、それを吸引して感染する「塵埃感染」があります。

感染予防のポイント

最も有効な対策は手洗いです。ノロウイルスは、とても小さいウイルスなので、皮膚のしわやすき間に入り込みやすいです。トイレの使用後、調理前、食事前や下痢等の患者の汚物処理、オムツ交換等をした後は、石けんで手指をしっかり洗浄し、流水で十分すすぎ、清潔なタオル又はペーパータオルで拭きましょう。

・タオルの共有は、できるだけ避けましょう。

 

手洗いのしかた(PDF:52.8KB)

 

・ 患者の吐物や便には、多量のウイルスが含まれているので、これらのものを処理する場合は、必ず換気をしながら行いましょう。使い捨てのガウン(エプロン)、マスクと手袋を着用し、ペーパータオル等で外側から内側へ向かって静かに拭き取りましょう。拭き取った後は、次亜塩素酸ナトリウム(塩素系の漂白剤、塩素濃度200ppm)で浸すように拭き取り、その後、水拭きをしましょう。

・使用した手袋等は,再利用はせず,ビニール袋に密封して捨てましょう。

・ 食品は、中心部までしっかり加熱しましょう。熱湯消毒は、85~90℃で90秒間以上が有効です。また、調理器具などの洗浄・消毒を厳守し、生鮮食品(野菜、果物など)は十分に洗浄しましょう。ノロウイルスは、表面をタンパク質の膜で覆われているため、熱に弱いという特徴があります。

ノロウイルスについての詳しい情報は、次のホームページをご覧ください。

広島県「ノロウイルスによる感染性胃腸炎について」

広島県「ノロウイルスによる集団感染について」

広島県西部保健所「ノロウイルス対策用消毒液の作り方」

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2019年11月7日